車検費用としてお金を借りる【※今日中にキャッシングする方法】

車を持っている人は多いでしょう。車の維持費は結構かかりますが、何よりもまとまったお金が必要になってくるのが車検代です。車検代は、10万から20万円くらいかかりますし、給料の中から支払うとなるとかなり厳しいものです。ボーナスを当てる人も多いですが、不況でボーナスが減額されていたり出なかったりして、当てが外れてしまった人も少なくないようです。

そんな時に、キャッシングを利用する人が増えているようです。もうすぐ車検なのにまとまったお金が用意できない…というケースには、是非ともオススメです。キャッシングには審査がありますが、車検代の10万?20万円程度の額であれば、即日融資でキャッシングが可能です。

ところで、改正賃金業法という法律を知っていますか?その改正賃金法で、キャッシングの利用者にとって大切なことの一つに総量規制があります。総量規制とは何でしょうか?個人の借入総額が、年収等の3分の1までに制限されるという仕組みのことです。そのため、貸金業者は、貸付の申し込みを受けた際には、指定信用情報機関が保有する個人信用情報によって、他の貸金業者からの借入残高を調査することになります。そして、年収の3分の1以内であるかを調べ、それ以上になる場合には貸すことができなくなります。万が一、それ以上の貸付を希望された場合には、収入証明書の提出を必要とするのです。

また、自社の貸付残高が50万円を超える貸付けを行う場合、あるいは他の貸金業者を含めた総貸付額が100万円を超える貸付けを行う場合にも、収入証明書が必要になります。収入証明書としては、源泉徴収票や所得証明書が一般的ですが、支払調書・納税通知書・青色申告決算書・確定申告書・収支内訳書・年金証書・給与の支払明細書などもあります。

これらのことを考えると、いくつものキャッシング会社から借りるよりも、少ない件数で借りる方が良いでしょう。キャッシングの件数が多いと、それぞれの返済が大変になり、結果的に完済できなくなってしまうケースが少なくありません。そこで、オススメなのがおまとめローンです。

キャッシングを含めたいくつかの借金を一本化するローンです。一本化することによって、返済日が一日になり返済がしやすくなります。それぞれの利子がついていたのが、一件分の利子になるので、返済額も少なくなります。キャッシングの件数が増えて返済が苦しい人は、一度おまとめローンについて調べてみてはどうでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です